食べ物 血糖値について

食べ物と血糖値の関係について

人間の血糖値は、血液中で常に一定の幅で推移するように調整されています。
食べ物を食べないでいると、血糖値が下がってきますので、グルカゴンというホルモンを放出して、体内で脂肪などを分解してエネルギーを作り出します。
これによって血糖が下がり過ぎないように、調整しています。
反対に、食べ物を食べると血液中の血糖が増えるため、上がり過ぎないように調整しています。
インスリンは血糖値を下げることのできる唯一のホルモンですが、これを体内に放出することにより、血液中の血糖を細胞内に貯蔵するのです。
しかし、肥満の人はこのインスリンの効きが悪くなるため、インスリンが放出されても血糖がなかなか細胞に入っていかず、血液中に多く流れたままになります。
この状態が続くと、糖尿病になる可能性があります。
また、高血糖の血液が血管を流れていると、血管を傷つけることになり、糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などの合併症を引き起こすことになります。

Copyright(c) 食べ物 血糖値 All Rights Reserved.