食べ物 血糖値について

食べ物と血糖値の関係

 痩せるために甘いものや脂っこいものを避けるというのは誰しも思うことです。
ですが、食べるもの以外にも気をつけることがあります。
それは食べ物と血糖値の関係です。
 そもそも血糖値とはなんでしょうか。
血糖とは血液中にあるブトウ糖(グルコース)のことを言いますので、血糖の量を示している値のことです。
食事をして血糖値が上がると値を下げるためにインスリンが分泌されます。
インスリンには使い切れなかった糖を脂肪に変える働きがありますので、食事の際にインスリンの分泌を抑えることがダイエットには欠かせません では、どうすればインスリンの分泌を抑えられるでしょうか。
まず、しっかり噛んで食べる癖をつけるようにしましょう。
よく噛むことによって糖を体に取り組むペースがゆっくりになります。
 次に、食べる順番にも気を配りましょう。
野菜などの繊維質には糖の吸収を抑える働きがあるので、野菜や根菜類などを最初に食べると効果的です。
また、ごはんやパンなどの炭水化物は食事の最後に食べることが大事です。
 これらを気をつけることによってインスリンの過剰な分泌を抑えることができ、ダイエットに有効です。
ぜひ、試してみてください。

Copyright(c) 食べ物 血糖値 All Rights Reserved.